予防歯科は健康な自分への投資であり、保険でもあります。

最近では予防歯科を専門に行う歯科医院も増えてきました。
これは治療にたずさわる側だけではなく、一般の方々も虫歯や歯周病に対する予防への意識が高まって来ているからではないでしょうか。
虫歯になっても治療をすれば改善はされますが、元の健康な歯には戻りません。 歯周病も一度悪化してしまうと治療には時間がかかりますし、なによりその間、安心して正しく噛むことが出来なくなってしまいます。

健康な歯は充実した毎日の生活にはなくてはならないものです。
浜町歯科では予防歯科の有効性や重要性を分かりやすくご説明すると共に、お口の健康を維持する具体的な知識や方法をお伝えしております。

具体的には何をするのか。

一般に行われている予防歯科プログラムは

  • 口腔内の現状説明(それついての対策やアドバイス)
  • プラークコントロール(歯石除去)
  • 噛み合わせ
  • ブラッシングを含むホームケアの指導
  • PMTC(PMTCとはプロが行うトータルクリーニングのことです)
  • 予防歯科はお子様にも有効です。

    丈夫で健康な乳歯を維持できていれば、それが丈夫な永久歯を育てることに繋がります。
    また、小さいころからそれがセルフケアであれプロケアであれ歯科予防の習慣をつけてあげることはとても大切なことです。
    日本人の子供は先進国の中では虫歯率がまだかなり高いのが現状です、乳歯にはおとなの歯をつかさどるための大切な役割があります。だからこそ大切にしてあげて下さい。

    ご来院の目安。

    予防歯科を成功させるためには定期的にご来院していただく必要があります。
    おおよそ3〜4ヶ月に一度来ていただけるのが理想です。
    日本では歯医者さんは「歯が痛くなったら行くところ」ですが、予防歯科先進国である欧米では「歯がいたくならないために行くところ」へ変わってきています。

    生涯自分の歯でおいしいものをおいしく食べるためにも予防歯科を始められてはいかがでしょうか。